行政書士開業準備中~遺言編5

皆様ご存じの通り、恋愛博士として以下の記事を、

 

www.akihiroha.com

 

 

www.akihiroha.com

 

また、火サス博士として以下の記事を書きました。

 

www.akihiroha.com

 

ただ、最近のお墓事情から、墓じまいや離檀料の事を書いているうちに、私には、お墓博士の方が向いている気がしてきました。

火サス博士は捨てがたいですが、所詮単なる思いつきです。

恋愛博士については、自称ですが自信あります(笑)

ただ、私の姉御三姉妹の2人目、オオイヌノフグリ (id:ooinunohuguri) 様が

恋愛の伝道師ですから、こちらはオオイヌノフグリ様にお任せしようと思います。

 

さて本題。

ここから真面目です。

遺言書と死後事務委任契約の使い分けは、大丈夫でしょうか。

現実問題、私も含めてですが、今すぐ遺言書を書かなくてはいけない、という方はそう多くないと思います、

ですが、死後事務委任契約を結ぶ場合の相手方、という方は少なからずいらっしゃると思います。


さて遺言を思い立った方が、例えば遺言書で、遺骨の処理方法として散骨や、樹木葬が良いと書くとします。

これは、遺言の中では付言事項となります。

付言事項とは何かですが、書いても法的効力生じませんが、書いておくと、亡くなった方の思いが分かります。

というものです。

以前も書きましたが、エンディングノートに書く場合も同じです。

なんら法的拘束力はありません。

エンディングノートしかり、遺言の付言事項しかり、お手軽に書けるものは、法はそれなりの対応をします。

言いかえれば、それなりの対応しかしません。

 

皆様の中にはいないと思いますが、長年、嫁・姑バトルが起きていた家庭があったとします。

仮にですが、嫁いびりが凄かったわけです。

そして、このお姑も実は若かれし頃、嫁いびりをされていたわけです。

そして、このお姑さんはこう考えました。

死んだ後は自由になりたい、何で嫁ぎ先の墓に入らにゃならんのよ、絶対に嫌よ!

自分の嫁いびりを棚に上げて思い至ります。

そういえばこの前亡くなった〇〇さん、エンディングノートで散骨の事を書いていたわ、じゃ私も書こうかしら。そういえば遺言でも付言事項で色んな事が書けるんだったっけ。

じゃ樹木葬について書こう、と思い至りました。

 

生兵法は大怪我の元という言葉は御存じなかったようです。

 

時は過ぎ、このお姑さんが亡くなり遺言書が出てきてました。

そして、付言事項に書かれた樹木葬の事を、お嫁さんが知りました。

実は、この嫁さん法学部出身で、かつて法律事務所で働いていました。

このレベルの知識はお手の物です。

長年、嫁いびりに耐えてきたお嫁さん。

この瞬間、頭の中で、アリスのチャンピオンが流れてきました。

 

たちあがれ もう一度その足で、

たちあがれ 命の炎燃やせ

(もう戦う相手はいないんですが、、、。)

 

反撃開始です。


to be continued