行政書士開業準備中~現在編27

問題です。私は、彼女(彼氏、妻、夫)に一生ときめいていられるというのは果たして可能でしょうか。

 

脳内物質の一つにPEA(フェニルエチルアミン)があります。

簡単に言えば、人を好きになる恋愛物質の一つです。

この女性(男性)良いな、もっと話したいな、、、そしてある特定の人の事を考えるようになったとします。

その人と目が合うだけで嬉しくなる、四六時中その人の事を考える、その人が別の異性と話しているとイライラしてくる。

俗にいう恋に落ちるです。

そんな時は、このPEAが大量に出ている状態です。

この手の話に詳しい方、好きな方は結構多いと思います。

確かに突き詰めると面白いです。

 

では、このPEA、どの様な時に出るのでしょうか。

ヘレン・フィッシャー教授という方が述べています。

私はこの方の本を直接読んでいないので、伝聞になってしまいますが、

①新鮮で魅力的のもの

②もう少しで自分の手にはいりそうなもの

③自分から離れていくもの

です。

①、②に関しては子供のおもちゃの例を考えると、納得できます。

最初は楽しく遊んでいても、いずれ飽きてしまう事が多いでしょう。

新鮮でも魅力もなく、自分の手に入っている状態です。

③に関しては、別れ話のこじれた事例を考えると納得できます。

 

前々回に、恋愛を上手くする力、破滅させる力、選択してはいけない行動に導く力と書きましたが、それらはこのPEAの存在が原因の一つでしょう。

 

先の別れ話の話を例に取ります。

女性から男性に別れを切り出したとしましょう。

女性の頭の中は、別れた後の青写真を描いています。

でも男性の頭の中はパニックです。

男は弱いんです。未練たらたらなんです。これは、恥ずかしながら私も経験あります。

何とか別れたくないと縋り付くわけです。

これは、男性から見るとまさに③の状態です。自分のものだと思っていたものが(これは錯覚なのですが)自分の元から離れていってしまいます。

何とか避けたいわけです。

でもこれは女性から見た男性は、新鮮でもなく、魅力もなく、完全に自分のものになっている状態です。

男性が追えば追うほど、女性は逃げます。

 

ここからは、ちょっと脱線になります。

では男性がこの状況を打破する方法があるでしょうか。

女性が別れると決めたら、男性は過去の存在です。

女性は強いんですよ。。。本当に。

なので可能性は低いですが、もしあるとすれば、状況を逆にするしかないでしょう。

つまり男性から別れを切り出した状態にします。

 

女性から別れを切り出された男性は女性にこう言います。

 

〇〇さん、僕と別れたいんだね、分かったよ。

今まで本当にありがとう。

〇〇さんのおかげで、僕は凄く成長できた、感謝してる。

じゃ、連絡先も消した方が良いね。今、目の前で消すよ。

(彼女の前でササッと消します)

ここは、僕が払うよ。

〇〇さんの今後を陰ながら応援してるよ。

今までありがとう、さよなら。

 

と言って振り向かずに半べそかきながら帰るわけです。

女性から見た③の状態にします。さらに、女性に振られたの私かしら、、、と錯覚させます。

この別れ際をいかに綺麗にするか、復縁の可能性は、この1点にかかっています。

 

さて脱線と書いた以上本線はあります。

前回、人を失う経験は早くすべきと書きました。

ここからは、私の勝手な推測ですが、この経験が遅くなればなるほど、危険な状態になる可能性が高いと考えています。

感の良いは気づかれたかもしれません。

ストーカーです。

頭の中で、別れが現実として認識できないのではないでしょうか。

 

人を失う経験がない(少ない)状態で、PEAが大量に分泌されています。

そして、執着して、相手にすがりつき自分を制御できなくなっていくわけです。

 

最初の問いです。

PEAの放出期間は3~4年です。

このPEAの主成分は覚せい剤とほぼ同じです。

つまり脳からストップが出ます。

要するにPEAが出続けるという事は、覚せい剤を打ち続ける事と同義です。

それ以上は危険だと、脳が判断してくれるわけです。

 

先の答えを意地悪くいうと、その人が廃人に行きつくならば、一生ときめいていられるという答えも合ってるのでしょう。

覚せい剤に手を出してしまった末路を考えれば、想像するのは容易いことです。

勿論これで終わりだと後味が悪いです。

このPEAという、強力な作用が効いている間に、相手に多くの愛情を注いでいれば、オキシトシンという愛情ホルモンが出ます。

ときめきの後に残るのは、愛情に裏打ちされた信頼関係になるわけです。