行政書士開業準備中~現在編19

今回のブログは単なる愚痴ですので、スルーして頂いて結構です。

自分への戒めです。

 

苦手なものを克服する事。

不得意なものを得意にする事。

こんなに大変なんだってあらためて痛感しています。

 

前回、11月18日に受験したToeic反省日記の続きです。

ToeicのPart2は、何気に一番リスニング力が問われていると感じます。

Part3、Part4は巷で言う所の設問先読みで、苦手なリスニングをカバーできる場合があります。

Part2はヒントなしですから、とにかく冒頭の1語に集中。

全文を聞き取ろうなどと高望みはせず、主語、動詞を聞き逃さずに、消去法を駆使して何とか守って、守って大崩さえしなければOKだったんですが、、、

ままならないの人生です(笑)

山場のPart3、4に行く前に崩れかかるとは思わなかったです。。。

2問連続で分からず、これはヤバイと思って、何とか気持ちを奮い立たせて、集中した数問後、一瞬答えをチェックするのに迷ったら、次の問題がササッと流れていきました。

ササッと。

 

メキシコ革命の動乱を描いた、夕陽のギャングたちという映画があります。

好きな俳優の一人、ジェームズ・コバーンが出ています。

大脱走や荒野の7人にも出演しています。

この夕陽のギャングたちのメロディが、とても哀愁漂います。

口笛から始まってシャン↑ シャン↑ シャン↑ シャン↓って感じです。

不思議の事に、このメロディが4~5秒頭を流れてきました。

 

Part2終了。

 

でももう昔の私ではないんです。

終わったことは仕方ないので、気持ちを切り替える。これしかないんです。

必死にPart3の設問先読み開始。

 

ただ、よくよく考えると、職場にかかってくる電話の先方の社名、担当者の氏名すぐ忘れます。

先方の社名、担当者名をその場で復唱するか、用件を聞いた後、改めて聞き直します。

こんな、短期記憶の弱い私が、設問3つ覚えて、会話を聞いて、パパっと解くのは至難の業です。。。。(ー_ー)!!

と言っても出来ないでは駄目なので、出来ないなりに努力はしました。

 

努力はしました。

Part3終了。

 

最後の関門、Part4。

1問目を聞いている途中に違和感が。

何で2人目が出てこないんだろう。。。あっヤバイ1人だ。part4だ!

part3を引きづってた。。。。

多分、2問目以降は持ち直した気がしますが、思ったようには解けなかったです。

part4終了。

700点越えたかったんだけどな~。

 

因みに、ボロボロだった今回のToeicは11月18日の試験です。

その翌日、10月28日受験の結果がネットで確認でき、730(L350、R380)でした。

えっ、、、700超えてるの。。。ちょっと嬉しかったです。

でもこの10月の結果、11月の試験前に知りたかったです。

そうすれば、焦る事もなく、もっと気楽に受けられたと思います。

 きっと家系ラーメンとスシローのやけ食いもしなかったのに。。。。

 

肩こり損のくたびれ儲け、それが人生っていうけれど~、急がば廻れ、泣き虫上手なんていうじゃない~。