行政書士&遺言執行士akito's blog in横須賀

行政書士の墓じまい・相続業務を小説風に面白おかしく書いています。今書いているのは、出版予定の三作目の小説です。

行政書士開業準備中~内相証明書・和文契約書編1

10月5日、読売新聞の朝刊の人生案内で、個人的に良いなと思った一文がありました。

内容ですが、既婚男性に恋する40代の方の相談ですが、よく読むと悩みは2つかと思います。

一つ目。

この男性と気持ちを通わせたい。(おそらく、一線を超えたいとうことでしょう。)

一線を超えたいの意味は、当然ご存知かと思いますが、男女の仲の事でしょう。

ではこの男女の仲ですが、、、、もう良いって(笑)

では、二つ目。

この相談者、婦人科を受診の際、性交渉のないことに驚かれ、落ち込むとの事です。

要するに、今まで性交渉がなく、今現在好きな人ができたので、その男性と一度でよいから結ばれたいという事でしょう。

結ばれたいという意味ですが、、、これも良いですね(笑)

 

さて回答の内容の抜粋です。この「一度でよいから」というのはそれ以上は求めないからという、悪魔との取引と書いています。

そして、それは恐らく終わらず裁判の危険もあると。

次の一文に、この回答者の凄味を感じました。

それでもすべて引き受ける覚悟があるなら、踏み越えるのも人生だとは思います。

この一文は、場数を踏まないと出てこない一文かと思います。

不倫の危険性がある時は、相談を受けた大概の回答者は、不倫は良くない、誰も幸せにならない、気持ちだけを心に留めておきなさいと、非常に無難な、優等生的な答えをされる方が非常に多いです。

正論です。涙が出ちゃうくらいの正論です。

今回の回答者のライターである、最相葉月さん、最期にこう締めくくっています。

人を好きになるのは理屈ではありませんから。

そうなんです。理屈じゃないんです。その人の声だったり、仕草だったり。

 

お時間がある方は、ちょっとお読み頂ければと思いました。

 

読売新聞の人生案内はここで終了です。

では、ここで終わったら、綺麗なままで、ファンタジーの世界です。

前回も書きましたが、世の中、男と女しかいません。

因みに、昔、私鉄沿線97分署というドラマがありました。

主題歌を歌ったのが松山千春。その歌の題名が「男と女」です。名曲です。

それはさておき、めでたく(?)憧れの男性と結ばれました。

そんなある時、行政書士から内容証明書が送られてきました。

大まかな内容は想像できますよね。次回具体的な内容例を書いてみます。

 

さあこの女性の選択の時です。非を認めて謝るか、それとも内容証明に効力はないといって踏みにじるか、弁護士に相談して反撃するか。

ここで反撃できないと考えた方、、、少し優しすぎます。

(①私、彼は独身だと思ってました~。今でも信じてます。

②結婚しているのは、存じていましたが、既に婚姻は破たんして別居していると聞いています。しかも別居は5年以上も前からって聞いていますし、奥様とは離婚協議中って聞いています、、、嘘だったんですか!、、、ショック~私も彼に損害賠償したいくらいです。

③証拠の写真の事ですが、ホテルっておっしゃいますが、これは仕事の打ち合わせです。仕事の話なので、ラブホテルを使わず、ビジネスホテルを使いました。←少し前に女性政治家と男性弁護士で何かありませんでしたっけ?)

 

さて弁護士を立てる場合、委任契約書を結ぶ事になると思います。

因みにこの委任契約書請負契約書、似ている点と相違点がありますが分かりにくい所があります。

この違いについてもいずれご説明したいと思います。

よく聞かれるのが、和文契約書を翻訳したのが英文契約書ではないかという事です。。。

全く違います。

これは和文契約書をただ単に英語に直したもの、英文契約書とは似て非なるものです。

 

さて前回の最後に、相続、遺言、成年後見英文契約書を書く予定と書きました。

ですが(弁護士との職域問題があるので、私は気乗りはしないですが)行政書士として度々依頼のあるといわれる内容証明書、そして個人レベルでは圧倒的に多いのが和文契約書です。

英文契約書はBtoB(企業同士の取引)が多いでしょう。

これらをさくっと書いてから、相続、遺言等の話に戻ろうかと思います。