行政書士&遺言執行士akito's blog in横須賀

行政書士の墓じまい・相続業務を小説風に面白おかしく書いています。今書いているのは、出版予定の三作目の小説です。

行政書士開業準備中~英文契約書編7

May I have your phone number? (電話番号を教えていただけますか?)

May I ask a question?(質問してもよろしいですか?)

ここら辺は、Toeic、日常英会話でも定番ですよね。

キーワードは「許可」かなと思います。

ではこれはどうでしょう。

The Seller may terminate this Agreement.

terminateは解約するという意味、

Agreementは契約という意味です。

前回のshall 、will よりは、本来の意味から離れていないという感じがします。

このmayは、本来有している許可のイメージに近いかもしれません。

和訳すると、売主は本契約を解約することができる。(解約する権利を有する、とまで書けば、この人わかってるね、となるかもしれません。)

前回とは逆の権利の規定になります。

そうそう、英文契約書では、Agreementの前にtheではなくthisを使ってますね。theでも間違いではないと思いますが、詳しい方いらっしゃいましたら、是非ご教示下さい。

何かのテキストに載って様な気がしますが忘れてしまいました。

 

ところで英語の得意な皆様、andとorって中学1年でやるんでしたっけ。

訳は簡単ですか。

本当に簡単ですか。

andには、及び、並びにという意味、

orには、又は、若しくはという意味があります。

寸分狂いなく、and,orを使いこなせますか。。。

私は、この2つ、大の苦手です。