行政書士&遺言執行士akito's blog in横須賀

行政書士の墓じまい・相続業務を小説風に面白おかしく書いています。今書いているのは、出版予定の三作目の小説です。

行政書士開業準備中~Toeic編3

誤解があるといけないので指摘しますが、restartを使い、更にDUOを使って185点っていうのは、一般的にはありえません。

restartは、終了後はtoeic400~500前後(記憶が定かでないので不正確ではあります)、DUOの場合,730? 780?辺りが到達点だったと記憶しています。

ですから700は堅いとかなと、、、、思ってしまうところが私の駄目なところで、

実際、試験を受けてリスニングのPart2で意味が分からず敵前逃亡をして、その後のPartはいろいろ試しながらの点数です。

この点は、2冊の名誉のために指摘しておきます。

それにしても敵前逃亡、、、、なんだか懐かしい言葉です。

問題なのはこの後です。Toeicの参考書を中心に据えるか、本物の英語の実力をあげる参考書を選ぶか。

私は、restartの兄貴分、赤い表紙のAllinoneを使いました。

英語の実力をあげるのか、Toeicの点数が欲しいのかで選ぶ参考書は変わってくると思います。

個人的には、大学入学後の方、または自由になる時間が多くある方は、Toeicに拘らず、気に入った英語の書籍で骨太の力を付けるのが良いのかな~とは思います。

 

Allinoneの著者が仰っています。

桃栗3年、柿8年、英語10年。