行政書士開業準備中~過去編15

いきなりですが「人生は選択の連続」と誰かが言っていたような気がします。。。。

今、調べましたが、シェイクスピアみたいです。

 

大きな決断、小さな決断と、程度の差こそあれ、その都度選択を繰り返し今があると思います。

私の場合、余程の事がない限り横須賀で開業です。これが横浜ですと、選ぶ業務内容が変わってきます。ここは地域の特殊性によって左右されてしまいますが、これも選択の一つです。

業務分野を何にするか。

流れに乗って相続・遺言・成年後見といった高齢化社会に対応する業務、といえば聞こえは良いですが、要は需要が高いという事です。

当然レッドオーシャンではあります。

それとも保守本流の許認可を中心に据えるか。

 

さて、私の前回のブログにaddstarをしてくれた方がいます。

私がブログを書く選択をして、その方が読む選択をした、縁というのもこういった何気ない日常から生まれるものなのかなと思います。

そういった方にも、肩の荷をおろして読まれるようなブログにしてみたいです。

 

さて2013年、年が明けて所謂トーレンの季節です

トーレン?

答案練習会の事を、答練、トーレンというのですが、私はと言えば、

日々re-startの例文を読み込み、re-startの文法を読んで、リスニングを聞いて、英語って楽しいな~の毎日でした。。。。

受験生の本分を忘れた非常によろしくない状況でした。

司法書士は、司法試験に勝るとも劣らない難易度。行政書士の比ではありません。

一つの事に集中すべき時期でした。。。。

 

f:id:akito3510:20180731003202j:plain