行政書士開業準備中~過去編7

当時の僕は35歳。

司法書士に受かっても就職先はあるのだろうか。

登記の仕事も減ってきている中、そもそも需要はあるのか。

常に不安と背中合わせの毎日。

入ってくる情報と言えば、殆どネガティヴな情報ばかり。

会社設立は、行政書士と価格競争。低下の一途が著しいとか。

不動産登記のやり方なんてネットでググればすぐ分かるとか。

アルバイト先の施設では、今年こそ行政書士合格と言われ、世間では司法書士と行政書士の違いも定かではないのかと、その度にモチィベーションが下がる毎日。

 

そんな時、手にした本が前回のブログで書いたre-start。

中身は、英文こそ平易ながら基礎的な文法を網羅しており、英語のやり直しをするには最適な教材。

英語のできる司法書士なら活躍の場があるのではないか。

特に横須賀は、米軍の街。英語は自分を高める武器になるになるのではないか。

そう思い、「英語」「司法書士」をネットで調べまくる毎日。

この2つを武器にしている方は多くない、つまり私にとってはチャンスだと思うようになった。

 

方向さえ決まれば後は実行あるのみ。

 

 

f:id:akito3510:20180731003202j:plain